にがくてあまい午後

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

【  2010年04月  】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   さわりを読む▼
  04.01.  【 Morning Glory 】  その7   さわりを読む▼
  04.04.  【 籠の鳥ーJAILBIRD- 】  第二十章   さわりを読む▼
  04.09.  【 Morning Glory 】  その8   さわりを読む▼
  04.12.  【 Morning Glory 】  その9   さわりを読む▼
  04.17.  【 Morning Glory 】  その10   さわりを読む▼
  04.19.  【 籠の鳥ーJAILBIRD- 】  第二十一章   さわりを読む▼
  04.21.  【 Morning Glory 】  その11   さわりを読む▼
  04.23.  【 Morning Glory 】  その12   さわりを読む▼
  04.29.  【 Morning Glory 】  その13   さわりを読む▼
  04.29.  【 Morning Glory 】  その14   さわりを読む▼


スポンサーサイト

スポンサー広告

 全文を読む


その7

Morning Glory

 次の日。何故かあたしは、つまんないミスで上司にめちゃんこ叱られた。・・・あたしが悪い。”浩司ちゃん”と遊んだせいで、あそこが何かじんじんして落ち着かなかったせいもある、と思うけど。たまんなく、自分が惨めになった。満員電車にごとごとゆられて、暗い夜道を歩いた。。あたしは、いつものように浩司にメールしてた。「こんばんわ。浩司つらいよ。」「こんばんわレイコ。今日は星が見えるよ」あたしは、かっとなった。「ど...全文を読む


第二十章

籠の鳥ーJAILBIRD-

 ・・・調べてみたところ、ALAのミーティングは、クリニックに程近い教会で、月曜の夜7時から、開かれているらしい。亜美は、ちょっと顔をしかめた。帰りが夜9時以降になる、暗い街並みにある教会への外出を、父親が認めるとは思えない。亜美は決めた。(いいわ。クリニックの処置室は、午後5時までは何とか粘れる筈だわ。・・・それから、喫茶店で時間を潰して、ALAに行ってみよう)しかし、事は思ったように運ばなかった...全文を読む


その8

Morning Glory

 それで。次の晩、あたし言った。「浩司・・・」「ん?」「会いたいよ」「いや、俺は今のレイコに会う気はないよ」「どおして・・・?」「だって、レイコ今まだ、ラブホ見るだけで本当は怖いんだろ・・・?」「うん」「そんな女の子と、会えないよ」「じゃ、リハビリして」あたしは少し甘ったるい声を出した。「え・・・?」「愛情のあるSEXってどんなだか、知りたいの」浩司は、ちょっと躊躇ってから言った。「分かった」「嬉し...全文を読む


その9

Morning Glory

 「だけどさ」「んっ・・・?」「あたしのアソコって、どうなってるんだろう・・・」「それはさ」浩司は、突然言った。「女性のサイズなんてそれぞれなんだよ。処女膜もね。・・・切開しないと、SEX出来ない人もいるってくらいだから」「それかな・・・。一輝とやったとき、どくどく血があふれて、翌日まで止まんなかった・・・」「ええ?」浩司は、吃驚したみたいだった。あたしはあわわと口を押さえた。「もしかして」「そう」...全文を読む


その10

Morning Glory

 日曜日だった。・・・あたしは、11時ごろのんびりベッドから起き上がった。日は、もう高い。と、携帯から「TANK!」が流れた。浩司からの、メールだ・・・なになに?「今日の調教、その1.ブラとパンティの、乳首とアソコが感じるところに、スナップを縫いつけるんだよ。」スナップ?あったっけ。あたしは、キティちゃんのソーイングセットに、ちょうど3つスナップが入ってるのを発見、した。白とピンクの花柄の、お揃いの...全文を読む


第二十一章

籠の鳥ーJAILBIRD-

 やがて、人が1人2人と入って来た。どこか、やはり昔通った教会の日曜学校を思い出させる人ばかりだ。・・・リーダーらしき人が、机の上に、見慣れない本を1冊1冊並べてゆく。7時きっちりに、亜美を含めて4人で「分かち合い」が始まった。・・・亜美は、正直言って頭が痛すぎて、誰が何を言っているのか、ほとんど聞き取れなかった。ただ、皆がアル中の家族を持って苦労しているらしい事だけは分かった。ふと、亜美の頭をよぎ...全文を読む


その11

Morning Glory

 それから。日曜日には、定期的に浩司から「ご命令」が来るように、なった。「こんばんは」「こんばんは・・・」「ふふ。今日はね・・・。レイコちゃんの部屋を、やらしくしてあげる」「えっ・・・?」「レイコちゃんの部屋は、もう檻なの。雌犬の檻」「あ・・・」「まだ、命令してないよ。とにかく、全裸になって」「はい」「そしたらね・・・。大好きな、四つん這いのポーズになって、乳首を床に摺りつけてごらん」「あ・・・は・...全文を読む


その12

Morning Glory

 12月に、なった。街は、レッドとグリーンの装飾であふれかえってる。・・・あたしにも、・・・浩司とのメール以外には繋がりの何にもない、ひとりぼっちのあたしですらも、何となく、心が浮き立つ気がした。すっかりお馴染みになったスタバで、X’masオリジナルの珈琲を飲んだら、何だかその暖かさにほっとした。なんとしても、浩司に逢いたかった。・・・最初の頃の、浩司のあったかい声を思わせる、スタバの珈琲。「レイコちゃ...全文を読む


その13

Morning Glory

 お正月が、来た。あたしは、一人ぼっちで賽銭箱の前でポンと手を合わせた後、デパートで福袋を買った。・・・中に入ってたうさぎちゃんのグルミに、「こうじ」って名前をつけて、ちょっとほっとした。浩司は、3ガ日は忙しいと言って、メールは来そうにない。あたしは、めずらしくバイブちゃんもローターも使わず、AVも見ないでのんびりした。体に開放感があった。何もしないって、いいもんだと思った。でも、夜ベッドに入ると、...全文を読む


その14

Morning Glory

 「はじめまして」「はじめまして」浩司は、疲れ果てた笑顔で、にこっと笑った。「レイコちゃん、可愛いよ」「ありがとう・・・」「とんかつ、食べに行こうね」「うん。・・・この駅の、2Fでしょ」 「よく知ってるなぁ。じゃ、行こう」浩司の後について、あたしは歩き出した。・・・浩司の、子どもみたいに。そう、歩いている内に、心に染みてきたのは・・・あの、浩司の優しさは。赤ン坊みたいなあたしを「あやす」のが上手かっ...全文を読む

前月     2010年04月       翌月

 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。