更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2010 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 06

【  2010年05月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

第二十二章

籠の鳥ーJAILBIRD-

2010.05.02 (Sun)

 次の月曜日、東さんはデイケアに来なかった。・・・次の週も、次の週も、来なかった。「あの、深津サン」「はい・・・?」「東さんはどうしたんですか?」「ああ、東さんね」深津サンは、ふっと暗い顔になって言った。「どうやら、鬱が再発してしまったみたいなのよ。暫く、お休みね」(何か、変・・・)その晩、亜美は、頭の中で立てた、ある仮説を証明しようと、電話帳に向かった。(東・・・東・・・)電話帳に、それらしき名字...全文を読む

PageTop▲

第二十三章

籠の鳥ーJAILBIRD-

2010.05.02 (Sun)

 やがて、気が遠くなっている亜美の周りを、いつの間にか4人の警官が取り囲んでいた。・・・彼らは、勝手にベッドルームに入って来たのだ。「これは、どういうことですか」「娘が・・・娘が私を殺そうと・・・」亜美は、両耳を抱えて叫んだ。「私・・・何もしていません」「何を言ってるんだ、亜美」「私のご飯が、出来ていないことがあります。私のお風呂が、沸いていないことがあります」「ウソおっしゃい、亜美さん」サイトウさ...全文を読む

PageTop▲

第二十四章

籠の鳥ーJAILBIRD-

2010.05.08 (Sat)

 次の朝は、以外とあっけなく来た。ほとんど眠れなかった亜美が、頭痛を抱えながら階下へ降りてくると、おびえたような感じの50代の女性が、挨拶した。「新しい家政婦の、ホリウチです。どうかよろしく」ホリウチさんの作った、今までに食べたことが無いほど不味い、ハムサラダとトーストを何とか平らげると、亜美は憂鬱な足を引きずってクリニックに、行った。どくとるマンボウは、3時間前に待合室についたせいもあるが、今日と...全文を読む

PageTop▲

第二十五章

籠の鳥ーJAILBIRD-

2010.05.21 (Fri)

 しかし。亜美は、それきり何故かぷつんとミーティングへの参加をとぎらせていた。その代わり、毎日デイケアへ行った。他の皆のメンバーは、相変わらず亜美に冷たいと言うより、無関心だったが、亜美は平気だった。木崎が、好きだった。自分に関心を寄せてくれる人に、出会うのはこれが初めてだった。もう、一つ。大ヶ丘先生との出会いがあった。大ヶ丘先生は、亜美の住む街の、郊外の草ぼうぼうの一角に、カウンセリングルームを開...全文を読む

PageTop▲

前月     2010年05月       翌月

Menu

FC2ブログランキング

プロフィール

葉山美玖

Author:葉山美玖
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。