スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←第十二章 →第十章
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
もくじ  3kaku_s_L.png 短編いくつか
もくじ  3kaku_s_L.png その後の短編
【第十二章】へ  【第十章】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

籠の鳥ーJAILBIRD-

第十一章

 ←第十二章 →第十章

「それで?」

その夜、亜美の父親は新聞から、始めて目を上げて尋ねた。

「その、デイケアとやらに行く決心をしたのか」

「ええ」

「全く・・・。お前の気まぐれには、困ったものだ。お母さんが、お前の無理に薦めたカウンセリングで、とても不愉快な思いをさせられた事を、忘れたとは言わさんぞ」

「・・・・・・1日、580円かかるの。いいですか?」

「そんなはした金は、どうでもいい。しかし、危ないからTAXYで行きなさい」

「いいえ。私、歩いて行きたいんだけど・・・」

「歩いていかなかければいけない規則でもあるのか?」

「いいえ」

「TAXYで、行きなさい。お父さんの使っている個人なら、安全だ」

「はい」

その夜、また亜美はPCに向かっていた。

「遥さん」

「ちょっと待ってね」

20分ほどして、遥さんはログインした。

「よかったね。でも、男がいるの・・・?その、デイケアに」

「木崎さんは、正式な職員よ。危ない人ではないわ」

「どうかなぁ。男は、男だよ・・・。でも、よかった。体が、耐えられない時、男の体が物理的に近くにあるといいものだよ」

「・・・」

「あはは、亜美ちゃんはうぶだね。まぁ、気をつけなさい。・・・メンヘルには、もう書き込みしないように」

「そうするわ」

「その、やくざのお父さんの”仕事の手伝い”って、闇金融なんだろう?」

「ええ。・・・そうみたい」

「つかまりゃしないと思うけどね。知らない事は、知らなくてもいいんだよ」

「うん・・・」

「でも、よかったよ。ひろきさんとやらは、本気だったんだと思うね、亜美ちゃんに」

「え?」

「そういう男は、女の体目当てなら、1日で目的を達するものだよ。・・・でも、DV夫婦になるのはなお良くない」

「うん。・・・本を読んで、どういう事か、分かった・・・」

「亜美ちゃん、しっかりするんだよ」

遥さんは、またふっとログアウトした。

亜美は、暫く考え込んだ。

ひろきさんに、殴られる。それが、どういうことなのか、まだ実感として、掴めない。・・・亜美の肉体は、ひろきさんを激しく求めている。・・・それは、この3日間で、嫌と言う程分かった。

もし、私が、ひろきさんと一緒になって、ひろきさんが暴力を振るい、借金を作り、何度も刑務所に入り、私はそのために、家の財産を使い果たしたりするのだろうか・・・

それも、面白いじゃない。・・・あの、父親と母親が、どういう顔をするか、見ものだわ。

でも・・・

それは、自分も負けることになる。

亜美自身も負けることになる。

でも。でも。・・・これ以上、負け越すことなんてあるの?ひろきさんと一緒になって、この不愉快な家を滅茶苦茶にして、何がいけないの?

ふと、亜美は木崎の無表情な顔を思い出していた。

「ここは、安全な空間です」

安全?どういう、意味だろう。・・・家にいて、安全な思いをしたことなんて、一度もない。亜美は少なくともそうだった。

安全な空間。

出かけて、みよう。そこへ・・・

無愛想な木崎はともかく、あの、初老の看護師さんの、マリア様のような微笑みが、もう1度見たい。

「デイケア」

行って、みよう。
関連記事



もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
もくじ  3kaku_s_L.png 短編いくつか
もくじ  3kaku_s_L.png その後の短編
【第十二章】へ  【第十章】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第十二章】へ
  • 【第十章】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。