にがくてあまい午後

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←第11章    →第9章
*Edit TB(-) | CO(-) 

水面の鳥ーBLUEBIRD-

第10章

3日目。

澪は、いつになく早く目が覚めた。・・・パジャマにガウンを引っ掛けてリビングに出ると、父親は、寒そうに暖房を全開にしていた。

「あのね。ここは、床暖房があるから、25度にエアコンをつけなくっても大丈夫よ」

「教えてくれなきゃ、分からん」父親はぶつぶつ言った。「澪、だらしない格好をしていないで、顔を洗って着替えなさい」

澪は、黙って洗面台で顔を洗って、すっかり隈の出来た顔を見た。

(もう、全然「休憩」になっていないわ)

ジーンズと、紫のフリースを着て、上にズッカのニットをはおった澪は、言った。

「いい加減に、帰って」

「そうはいかんよ」

「もう、3日経ったでしょ」

「・・・夕方には、帰るさ、自分のマンションに」

それきり、澪と父親は、黙って昨夜、杏子さんが用意してくれたサラダとハムとチーズに、デニッシュパンを食べた。黙り込んでいる澪に、父親はふいに言った。

「何が気にいらないのか、言ってみなさい」

「全部よ」

「全部じゃ分からん」

「いつも、『分からん分からん』って」澪は、また叫び出した。「弟には、そんなこと絶対言わないのに」

「あいつは、可愛い」

「・・・」澪は絶叫した。「私は、可愛くないの!?」

父親は、慌てて訂正した。「可愛いに、決まっとる」

「可愛い筈ない」

「・・・」

「可愛い筈ない!可愛い筈ない!私は一度も、可愛がられたことなんてない!」

「小2の時、一緒にO公園に行ったじゃないか」

「それだけ、じゃない!・・・いつも、その話ばかり!20年間、S病院にいたことはどうなのよ?」

「・・・」

「私だって、娘だったのに」澪は繰り返し叫んだ。「あなたは、父親らしかったことなんて1度もない!」

「1度も、はないだろう」

「だからO公園の話でしょ。・・・あの時だって、私は楽しくなかった。お父さんが、最初で最後に家族を連れていった公園だったけど、私はただ脅えてた。いつ、叱られるかと・・・」

「澪」

「私は、いつも叱られてばかりだったじゃない!」

「・・・」

「褒める時だって、いやいやそうに、『お前は頭がいいからT大にきっと入れる』って・・・。空気読めなかった私は、それを真に受けて、受験勉強ばかりしてた」

「・・・」

「そうすると、『弟は、出来ないけど可愛い』って、あの人がいつも言った」

「実の母親を、『あの人』呼ばわりするのは、やめなさい!」

「どうせ、出てった人じゃない!」

「・・・あれからわしは、血圧が上がって堪らんのだ」

「言っときますけどね」澪は、すごんだ。「あの時、お母さんを出ていかせたのは警察よ!私じゃない!私じゃない!」

「・・・病院を出たお前の容態が、あんまり悪いからだ」

「何でも家の不都合を私のせいにしないでよ!」

澪は、もう泣いていた。父親は、咳払いして言った。「澪、大声を出すのはやめなさい」

「命令しないで!」

「あきれたよ」父親は言った。「もう、わしは行く」

「勝手にすれば、いいでしょう」

澪は、リビングのドアをばたんと閉めると、ベッドに突っ伏して泣いた。

奨。奨。奨。

あなたは私の、父親だった。

不器用な、ノックがあった。

「澪」

「・・・」

「泣いているのか」

「・・・そうだけど?」

「わしが、悪かった」

「・・・」

「一緒に、朝飯を、最後まで、食べよう」

関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←第11章    →第9章
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←第11章    →第9章

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。