にがくてあまい午後

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←第18章    →希望
*Edit TB(-) | CO(-) 

刻印-sin-

第17章

葵の話を、ひと通り聞いた神父は言った。

「その人は、あなたには救えないでしょう。・・・あなたが、あなた自身を変えるしかない」

「そうですね」葵はつぶやいた。

「その人が、お酒が断てるとよいのですがね。しかしそれは彼の意志です」

「・・・」

「お家に帰って、少しおやすみなさい。目の下に、隈が出来ている」

「はい」

葵は、マンションに帰りつくとばたんとドアを閉めた。外の冷気はシャットアウトされた。例のビビッドピンクのブラと下着を脱ぎ捨て、風呂に入ると剃毛の後がちくちくと痛かった。生暖かい湯につかり、ひとしきり泣いた後、葵はいつもの普段着にようやく着替えた。

しかし、考えるのは主税の事ばかりだった。

(先生)

(おそらく・・・相当に酔っていたのだ)

(あのままでは、余計酷くなっていくだろう)

諦めた葵は、羽根布団をひきよせてベッドに横たわった。いつしか睡魔が襲いかかって来た。

次の日。

洗顔の時に顔をよくよく見ると葵はかなりやつれていた。(だめだ・・・)

化粧水と乳液を、普段のものに戻してリキッドファンデーションを薄く塗った。手を見ると、爪がずたずただった。

(ひさしぶりに、自分の世話でもしよう)

美容院に行き、髪をいつもどおりの長さに揃えてもらった後、葵は近所の新しく出来たネイルサロンのドアを開けた。「あのう・・・」

「はい?」

「ジェルネイルを、新規でお願いします」

「かしこまりました」

あまり長くない爪を、ピンクの逆フレンチに整えてもらうと、葵はかなり安心した。それから、銀行へ行って残高を確かめると、殆ど0になっていた。

(だめだ・・・また、働かないと)

マンションに、かなり意気消沈して再び帰りつくと、郵便受けにレターパックが入っていた。「?」

確かめてみると、それは文芸雑誌の極小さなコンテストに応募した、短編の入選通知だった。

葵は、書類を握りしめた。

(私にも)

(何か)

(出来るかも知れない)

ベランダに出ると風がひんやりと冷たかった。朝方洗濯したあの、忌まわしい気のする黒い下着を、取りこむとていねいにたたんで葵はクローゼットの奥にしまった。それから、PCを開くと主税の褒めたいくつかの短編を更にプリントアウトした。

昼食は、ご飯とかじきまぐろの西京焼きと、味噌汁と小松菜の煮びたしだった。

(先生のお陰で)

(手にしたものも確かにあるのだ・・・私は)

葵はふと、アンダーを締め付けているせいでかなり大きくなった胸の隆起に自分でふと触れて思った。

(私には自分がなかった)

(主税先生に出会うまで・・・)

(自分の仕事を今はしよう)

葵が、がちゃがちゃと食器を片づけていると、スマートフォンがけたたましく鳴った。

「や・・・あ」

「先生?」

「ふふ」

「切ります」

「待って」凱男は言った。「僕ね、今ここから飛び降りようかと思って」

葵は、スマートフォンを握りしめて言った。「勝手になさって下さい」

「それは・・・ないんじゃない」

「・・・」

「・・・」

「私、先生のお陰で小説Hに、短編が載ることになりました。ありがとうございます」

「そう」

「また次週、お会いできることを楽しみにしています」葵は電話を切った。・・・そしてきりきりと痛む胸で思った。(死には、しないだろう)

(戦いが始まる)

(先生とお酒と)

(・・・そして、私と先生との)
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←第18章    →希望
*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~


NoTitle

がんばってください!
#2[2012/11/07 14:18]  片桐靖典  URL 

Re

ありがとうございます。

滅多にコメントつかないので嬉しかったです。
#3[2012/11/09 13:30]  葉山美玖  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←第18章    →希望

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。