スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←出発点 →ふたり
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
もくじ  3kaku_s_L.png 短編いくつか
もくじ  3kaku_s_L.png その後の短編
【出発点】へ  【ふたり】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

童話のようなもの

あおいねこ

 ←出発点 →ふたり
あるところに あおいねこが一匹いました。


あおいねこは うまれたときはしろいねこでした。
でも しろいねこの飼い主のおとこのこが
うっかり 
万年筆のインク瓶をたおしてしまったので
しろいねこは あたまの先からしっぽの先まで 
あおいねこになってしまったのです。


あおいねこは しろいねこのなかで 
いつも仲間はずれでした。
みんな いいました。
「あおいねこなんて 見たこともないよ。へんなの」
あおいねこは いっしょうけんめい 舌でからだを
ぺろぺろなめました。
でも あおいねこは やっぱり あおいままでした。


あおいねこは 外に出てもいつもひとりぼっち。
ほかの とらねこや みけねこに さんざんに 
からかわれたり いじめられたりしました。
あおいねこは ひとりぼっちで おおきくなりました。

ある日


あおいねこは くろいねこに出会いました。
くろいねこは 
あおいねこを見て 「ふん」といいました。
あおいねこは 
こわくなって あとずさりしました。
すると くろいねこは ききました。
「きみ どこからきたの?」
あおいねこはいいました 「しろいねこのまち」
「ふぅん。 そんなのあるんだ。ぼくのかぞくは 
おじいさんも おとうさんも ぼくも みんなみんな 
くろいねこだよ」
あおいねこは だまって話を きいていました。
「でも ぼくのまちはもうないんだ」


「きみ かわってるね」
あおいねこは かなしくなって うつむきました。
くろいねこは それを見ていいました。
「ぼく ともだちになってあげてもいいよ」
「ほんと? ほんと?」
「うん。そのかわり ぼくのいうこときくんだよ」
くろいねこは いきなり 
あおいねこの耳をひっぱりました。


「ふーん。やわらかいね」
「いたいよお」
くろいねこはいいました
「歌すき?」
あおいねこはいいました。
「ぼく 歌ってなんだか 知らない」
くろいねこはいいました
「ふーん 歌も知らないの。歌 うたったことないの?」
あおいねこはいいました。
「うん」
くろいねこはいいました。
「うたってあげるよ。 ぼくは 歌がうまいんだ」
あおいねこは だまってそこにすわりました。


くろいねこは うたいました。
 『ねむれ ねむれ めぐしわくご
 ははぎみに いだかれつ
 ここちよき うたごえに
 むすばずや うましゆめ』

くろいねこは いばっていいました。
「いい歌だろう」
あおいねこは うっとりしていいました。
「いい歌だね」
でも ほんとうは 
ちょっとよくわからないところもありました。

あおいねこは かんがえました。
(なにか おれいを しなくっちゃ)


「ねぇ」
「うん?」
「ぎゅーって 抱きしめて もらったこと ある?」
くろいねこは そっぽを 向きました。
「ぼくの おかあさんは とっくに死んじゃったんだよ
ぼくを生んで すぐにね」
あおいねこはいいました。
「ぼく ぎゅって したげるよ」


あおいねこは くろいねこを 
ぎゅっと抱きしめました。
「ぼくのおかあさんは 
いつも こんなふうにしてくれたんだ」
くろいねこは うっとりしていいました。
「あおいねこの あおは しあわせの あおいいろだね」
あおいねこは うまれてはじめて 
じぶんの毛のいろをほめてもらって
うれしくなって 泣きました。

すると 


なみだが からだをつたって 
あおいねこの毛は どんどんしろくなりました。
「きみ ないたこと なかったの?」
「うん はじめて」
「ぼくも ずっと がまんしてたんだ」
あおいねこは 
いよいよ おおきなこえを出して なきました。
すると からだじゅうの毛が まっしろに戻りました。
くろいねこも おおごえでなきました。


やがて もうしろいねこになった 
あおいねこはいいました。
「ぼく これで しろいねこのまちへ帰れるよ」
「あおも とっても きれいだったけどね」
「ぼく じぶんのまちへ かえっても いいかい」
「もういちど ぎゅーって してくれたらね」

しろいねこは 
くろいねこを ぎゅーっと 抱きしめました。
くろいねこも 
しろいねこを ぎゅーっと 抱きしめました。



しばらくして くろいねこは 
ようやく わらいました。

しろいねこはいいました。 
「ぼく もう帰らなくっちゃ。ほんとうにありがとう」
くろいねこもいいました。
「きみにあえてよかった」
そして くろいねこは 
くらいまちの 
やみのなかに ふっと消えてゆきました。


しろいねこは くろいねこの消えたあとを
いつまでも いつまでも みつめていました。
関連記事



もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
もくじ  3kaku_s_L.png 短編いくつか
もくじ  3kaku_s_L.png その後の短編
【出発点】へ  【ふたり】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【出発点】へ
  • 【ふたり】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。