にがくてあまい午後

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←第8章    →第7章
*Edit TB(-) | CO(-) 

にがくてあまい午後

誕生日

誕生日が、来た。

あたしは九時ごろ起きて、のろっと洗濯をした。外は雨降りそうだったから、部屋干しにした。・・・こうやって怠けるのも自分へのご褒美の日だ、って思いながら。

それから、郵便箱をふとのぞくと、封筒に入ったサークルの宝珠さんの新しい小説があった。宝珠さんの小説は、フランス文学みたいでいつも彼女自身みたいにお洒落なのだ。

夢中で読みふけってると十一時だった。

(いっけない)

あたしは、茄子の乱切りとピーマンの乱切りを油でいためて、ミニトマトを半分に切ったのと一緒にめんつゆにつけた。それから、冷凍の豆腐ハンバーグをレンジでチンして、大根おろしを作った。

小松菜とあぶらげのお味噌汁を作ってたら、パパが来た。

「敦美、ハッピーバースデイ」

「へへ」

「生活費持ってきたぞ、ほら」封筒を確かめると、いつもより三千円多く入ってた。「ありがと・・・」

「あとここに頼まれたアイスクリーム」

「うん」

あたしは、食事を盛り付けると、パパがコンビニで特別に買ってきてくれたハーゲンダッツのミニカップを一個、半分こしてガラスの器に盛った。

「おいしそうじゃないか」

「うん」

「敦美は料理うまくなった」

パパが帰ったあと、あたしはちょっと休憩して就労支援所に向かった。「敦美ちゃん」「今日誰もいないんですか?」

「ああ、木村さん最近休んでたからね」居残り組とおぼしき風間さんが言った。「今日、皆サーカスなの」

「サーカス!?」

「授産施設にって二十枚チケットが来たんだよ」

げ。

損した。

「あたし今日誕生日で・・・」

「そりゃ惜しかったね」風間さんは普通の調子で言った。「はぁ」

「店、行ってごらん」

あたしは付属の店のガラスの自動ドアの前に立った。・・・例のあたしの作った錨柄のトートバッグが、一番目立つ場所に陳列してあった。

「佐々貴さん」

「敦美ちゃん」

「今日誕生日なんです。・・・くるみボタンのヘアゴムひとつ下さい」

「うーん、どれがいい?」暇そうなこれまた留守番の佐々貴さんは言った。「どれがいいかなぁ」

「ボタンがおっきい方が可愛いわよ。これなんか秋らしい」

「じゃ、これにします」

佐々貴さんは、ヘアゴムと一緒に焼きプリンをひとつ包んだ。「あ・・・」

「いいのいいの」

「わあい」

「お誕生日だからね。おまけ」

やったー。

あたしは、ものすごくいい気分になって自転車を反転させた。ラッキーだ。ここの焼きプリン、美味しいんだ。

ぐんぐん自転車を走らせて、サラリーマンや主婦を追い抜いた。(もうおめでとって歳じゃないけど)

(毎年いいことはある)

その晩、自助グループの支部例会に行くと高ちゃんはいなかった。代わりに、藤木直人に似ててあんまりイケメン過ぎて、皆がかえって敬遠してる利田さんと友実がいた。高ちゃんはやっぱりいなかった。あたしはがっかりして書記を終えた。

その夜、マックのお茶会で友実は言った。「あたし猫好きで」

「そうなの?」利田さんはジェントルに言った。あたしは言った。「犬の方が好きだなぁ」

友実はくるんくるんの髪を手で巻きながら言った。「猫好きな人は、犬好きな人より回復してるんですって。・・・猫って人間と対等でしょ。要するに、人間とも対等な関係が持てる人ってことなんですって」

誰がそんなこと決めたんだよ。

利田さんは、友実と仲良くしゃべってたけど、帰り道であたしにぼそっといった。「敦美ちゃん、最近高弘のこと避けてない?」

「・・・」

「いや」利田さんは慌てて言った。「余計なこと言った。じゃ」

あたしは、道の真ん中に呆然と突っ立って考えた。

(あたしは高ちゃんを避けている)

">
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←第8章    →第7章
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←第8章    →第7章

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。