にがくてあまい午後

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←明日    →熱
*Edit TB(-) | CO(-) 

にがくてあまい午後

いじめ

喘息の発作は三日くらい続いた。

(息ができない)

(息ができない)

(呼吸できないって苦しい)

あたしはぜいぜい言いながら、熱っぽい頭で考えてた。(就労支援所のスタッフって、障害者をいじめるのが面白いんじゃないかなぁ)

ふと、思い出したのは三年くらい前に書いた詩だ。当時、通ってた詩の先生に黙殺されたやつだ。ファイルをごそごそするとそれはあった。

疲れ果てた

蒼白い顔、顔、顔、なかなか動かない手足

休憩ばかりの調理実習

皆、腰を降ろしては

だるい体を懸命に動かしている

「またさぁ

薬増えたんよ 今度は一日三十錠だって」

午前中働くだけで疲れ果てて

ビルの裏にこっそり

煙草をふかしに出掛ける

「私さぁ

こないだ台所の食器戸棚ひっくり返した

お前なんか税金泥棒だって

お母さんに言われて」

服もバッグもお互い物々交換で

三百五十円のランチが食べられなくて

百円のカップラーメンを啜る子がいる

「お金ない お金ないよ

でもあたしたち、自己責任だから仕方ない」

古い流行遅れの服に年季の入った靴

わき毛も剃れない常識外れ

大ぶりのアクセサリーに

若気な百円ショップのシュシュが痛い

「鳩山さんの演説ってよかったよねぇ

宇宙とか友愛とか

現実と関係ない話ばっかりで」

三日間 水しか飲めなくて

一人暮らしのアパートで倒れた子もいる

職員は戸を蹴破って119番した

「お前らさぁ 

働く勇気が出ないだけなんだよ

俺らいつでもフォローしてやるのにさ」

ひたすら医師の言う通りに薬漬けにして 

家の体裁を気にして

最後は施設が何とかしてくれると拝む親たち

「あの子、グループホームで虐められてさぁ

二十年間閉じ込められてた病院に

戻ったってさぁ」

矯正施設の塀から飛び降りて

患者が亡くなると

親御さんは皆手を合わせて

厄介ものをありがたい、と拝むと

ピアサポートをしている友人に聞いた

「あなたがたの親はみんないい親ですよ

先生も皆いい先生ばっかりよ

こうして 

お金の心配をしてくれているのだから」

一ヶ月働いて

給金は八千円行けばいい方だ

ありがたいよねって頭を垂れる

自尊心のない脳

「あなたがたを

怠け者と言うのは嫌いだけれども

働くってこんなお遊びじゃないのよ」

蒼白い顔が

動かない表情が

わたしは必死にやっていると

無言で訴えている

「切ないよぉと

誰かに訴えたいよね」


(これ書いたの間違ってたのかなぁ)

スタッフに、陰で「すみませんおじさん」って呼ばれてた川口さん。

それはいつも、仕事のできない川口さんが不満そうに「すみません」って言うからだ。(いい人だったのになぁ)

みんな、障害者を社会の邪魔者扱いする。・・・って言うかごきぶりみたく言う。

だけど、そこでは人がちゃんと生きてて苦しんでるのになぁ。

また咳が出てきた。あたしは、砂糖とミルクを入れたあったかいコーヒーをなめるように飲んで、咳止め代わりにした。

(何かほかに生きてく方法ないんだろうか)

">
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←明日    →熱
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←明日    →熱

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。