にがくてあまい午後

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←浮気    →エリート
*Edit TB(-) | CO(-) 

にがくてあまい午後

大人

ある朝。

あたしは、胃がんの検診のために六時に起きた。・・・メディカルセンターの予約は九時半だったけど、三時間前にお薬を飲めと説明書には書いてあった。

まだ寒い街路を自転車でびゅんびゅん飛ばした。耳がきーんと痛くなった。

白須さんとチャットを始めてから、正直朝の街は久しぶりだった。白須さんがものすごい夜型で、それに合わせてたからだ。

メディカルセンターはこじんまりして綺麗だった。

「あちらの右手の更衣室で着替えて。それからバリウムです」

まっ白いどろっとした液体を飲んでから、体を台に乗せられてあちこち振り回されたら、かなり疲れが出た。・・・軽い下剤を飲んでお終いだった。

あたしは重いお腹を抱えて、マンションに戻った。頭痛がしてきたので青いセーターのままベッドにもぐり込んだ。(今日もひとりでしちゃいそう)

白須さんの「奴隷」発言以来、あたしはナーバスになっている。

羽毛布団をかぶって、あそこを刺激していると気持ちがよかった。(だけどまだ昼前なのに・・・)

あたしは自分が抑えられなくなりつつある。

白須さんは、ようやく仕事が始まったようで連絡は途切れがちだ。

起き上がって、手を洗うと気を取り直して、米粉のパンを焼いて、ベーコンエッグを作ってポテトサラダを混ぜた。(最近、葉物の野菜高いもんなぁ)

あたしはいつも、ポテサラにはマッシュポテトを使う。きゅうりを切って、プチトマトを混ぜてハムを刻んだのをまた混ぜて、塩コショウとマヨネーズで味付けして、氷水にさらしたレタスの上に乗せる。

プルーンジャムをつけてパンと、ベーコンエッグとポテサラと、オニオンスープを食べるとやることがなくなった。・・・あたしは無意識に、PCで、調教ものの動画を検索してた。

(ずっと前、知ってはいた・・・)

(白須さんもこれがしたいのかな)

(あたしはこんな風に見えるんだろうか)

あたしは落ち着かなくなってきた。・・・相手が白須さんなら、正直いいような気もした。

(だけど)

(自分を大事にしようって思ったのに)

(こういうのがトラウマになって結局やめたのに)

白須さん。

あたしはどうすればいいんだろう。

その夜更け、仕事の邪魔だと、迷惑だと思いつつスマホをプッシュした。「やぁ」

「白須さん・・・」

「どうしたの」

「あたし、反応しちゃって困ってます」

「お風呂の中とかでも?」あたしは真っ赤になった。「なんでわかるんですか?」「痛くないでしょ、それでも」

「・・・」だけど電話から聞こえる白須さんの声は疲れていた。

「いいです、無理しなくて」

「どうして?」

「疲れてるみたいだから」あたしは小さな声で言った。「いい子だ」白須さんはつぶやいた。

「いい子じゃ・・・ないです」

「かわいらしい子だ」

「・・・ありがとう」

「もう、寝なさい。いい夢をね」

あたしの衝動はすっかりおさまっていた。(大人なんだ・・・白須さんは)

本当に大人なんだ。

あたしはほっとして、一月のカレンダーを破った。それから、少し復活した頭痛を持て余しながら眠りについていった。

">
関連記事
もくじ  3kaku_s_L.png Morning Glory
もくじ  3kaku_s_L.png Black short short
もくじ  3kaku_s_L.png DOWN BEAT
もくじ  3kaku_s_L.png 刻印-sin-
もくじ  3kaku_s_L.png あとがき
もくじ  3kaku_s_L.png 現実の林檎
  ↑記事冒頭へ  
←浮気    →エリート
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←浮気    →エリート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。